荒らし対策機能とはどんな機能ですか

無意味な発言や入退室を繰り返す所謂「荒らし行為」は利用者の皆様に不快な思いをさせるだけでなく、かにチャットのサーバに負荷を与えます。かにチャット規約では、このような行為を禁止しており、悪質な場合かにチャット全体へのアクセスを制限します。

自動荒らし対策機能とはどんな機能ですか

ルーム管理者様がご不在の際に荒らし行為が発生しても、自動的に荒らし行為をした利用者を追放します。繰り返しこのような行為を行った場合、該当ルームだけでなく全てのチャットルームにアクセスできなくなります。

自動荒らし対策機能は次のように働きます。

  1. かにチャットサーバが荒らし行為と判断した場合、警告メッセージをチャットルームに送信(警告メッセージが数分以内に送信されている場合、再度表示しません)
  2. その後も荒らし行為が止まらない場合、該当利用者を追放
  3. さらに追放されるような行為をした場合、全てのチャットルームへのアクセスを制限

警告メッセージが表示された場合、ただちに発言および入退室を止めてください。すぐに発言や入退室を行うと荒らし行為が止っていないと判断し、追放します。

全てのチャットルームへのアクセス制限をされた場合どうすればいいですか

通常のご利用方法であれば全てのチャットルームにアクセス制限されることはないのですから、アクセス制限を解除することは原則としてありません。

この機能はOFFにできますか

自動荒らし対策機能はサーバの保護も含めていますので、ルーム管理者様がこの機能をOFFにすることはできません。ただし、検出レベルを低くすることは可能です。ログイン後、基本設定の「自動荒らし対策」を「低」に変更してください。

この機能があるとログ流しをできないのですが

ログ流しはサーバに負荷を与える行為です。かにチャットとしてはログ流しは不必要な行為であり、アクセス制限対象です。あとから入室してきた人にチャットログを表示させたくないのであれば、「基本設定」の「初期読み込み」を5行に設定してください。そうすれば過去ログは5行までしか表示されません。

警告メッセージが表示されたらどうすればいいですか

上記の通り、ただちに発言および入退室をやめてください。「警告メッセージが出たから一旦退室してもう一回入室しよう」という行為も荒らし行為としてカウントされ、追放される恐れがあります。

警告を受けたものは余裕をもって2~3分何も操作しなければその後通常通りご利用いただけるようになります。

警告メッセージが表示されなければ追放・アクセス制限されませんか

一定期間内に警告が該当チャットルームに送信された場合、既に告知済みとして二度以上通知しないことがあります。また、過去複数回警告を受けたユーザにも同様に警告を送信しないことがあります。

通常は警告メッセージを送信しますが、明らかに悪質な場合は警告なしで追放します。